ホットヨガは痩せる?!痩せない?!といったダイエットに関する効果や、ホットヨガのメリットやデメリット。ホットヨガを行う時におすすめの服装、ホットヨガウェアなどについて紹介しています。ホットヨガを行うことのできるラバ・カルド・ロイブといったスタジオ(店舗)の紹介もしているので、ホットヨガの体験に行ってみたい人は参考にしてみてください♪

ホットヨガスタジオ おすすめ

ホットヨガ 服装

ホットヨガ 行き帰り 服装

ホットヨガスタジオへの行き帰りにおすすめの服装と、失敗した服装を紹介します。

ホットヨガスタジオへの、行き帰りの服装はみんなどうしてるんだろ?

なんて疑問に思っている人に、参考になれば嬉しいです。

ホットヨガスタジオLAVA 体験

ホットヨガ 行き帰り 服装

ホットヨガスタジオへの行き帰りの服装は、レッスンの前後に着替えやすく、吸水性のある服装がおすすめです。

個人的には、レッスンまでの着替えの時間を短縮したいので、タイツやストッキングは着替えが面倒ですしゆったりしたパンツスタイルが多いです。

ホットヨガ 行き 服装

ホットヨガのレッスン前、ホットヨガスタジオに向かう際の服装ですが、
仕事帰りなどで時間に余裕がないときは特に、着替えやすい服装で行くのがおすすめです。

というのも、ホットヨガのレッスン前には、
着替えやクレンジング、ヘアセットなど、意外と準備に時間がかかります。

行きはホットヨガウェアを服の中に着て行ったり(冬はやりやすい)、可能であれば、スポーツブラやブラトップを事前に着ていれば準備の時間短縮が可能です。

ホットヨガ 帰り 服装

ホットヨガスタジオから帰る際には、行きに着て行った服を着て帰るのですが、通気性と吸水性がある肌着を着た方がいいです。

また、ゆったりしたボトムスで行っておくのがおすすめです。

というのも、ホットヨガのレッスン後には、必ずシャワーを浴びることになります。

しかも、ホットヨガで大量の汗をかいた後ですので、シャワーを浴びても、その後しばらくは体がポカポカしています。

ヒートテックなどを着ていると、いつまでたっても汗が引かず蒸れてしまうんですよね。

ホットヨガ 行き帰り 服装 まとめ

冬場の経験談ですが、

肌着はヒートテック、トップスは厚手のセーター、ボトムスはスキニージーンズ

というスタイルでスタジオから帰る際には、とても後悔しました。

汗が止まらないからなかなか服が着られず、しかも家に帰るころには汗でひんやりした肌着で余計に寒い。。

シャワーや更衣室の順番待ちなどを考えても、ホットヨガスタジオへ向かう際には、着替えやすい服装を意識しましょう。

羽織り物などを持ち、暑さや寒さを調節できるようにしておくのもおすすめです。

ホットヨガスタジオ 口コミランキング

人気ホットヨガスタジオの中から、レッスン内容の充実度やスタジオの快適さ、そして予約の取りやすさなどの口コミをもとにしたホットヨガスタジオの総合ランキング!

ホットヨガスタジオ カルド

カルドはヨガレッスンの種類が多く価格もリーズナブル!レッスンの事前予約も必要なく急に行ってもホットヨガをすることができるので、スタジオに通うことに対するストレスがなく続きやすいです。最初はラバ(LAVA)でホットヨガの楽しさにハマったけど、予約が取れなくてカルドに移った!という人も多いですよー。ヨガマット持参の必要のないクッションフロアや、遠赤外線を使った温度と湿度にこだわったスタジオも人気のホットヨガ教室です。

ホットヨガスタジオ ラバ(LAVA)

ラバ(LAVA)は国内最大級のホットヨガスタジオで、ホットヨガ教室の老舗ともいえる存在。全国に店舗数が多いので通いやすく、初心者から上級者まで幅広いレベルの人が楽しめるヨガプログラムや、ラバ独自の資格を取得した一定レベル以上のインストラクターのレッスンも魅力。ただし人気のホットヨガ教室なので予約が取りづらい部分があったり、スタジオが混み合いがちなのがデメリット。

ホットヨガスタジオ ロイブ

ロイブは全国で店舗数はまだ少ないものの、全店が女性専用のホットヨガスタジオ。そのため女性の美容や健康、ダイエットを目的としたプログラムが充実しています。インストラクター全員が美容・姿勢アドバイスマスターを取得しており、知識や経験が豊富。提携の託児所を用意しているスタジオがあったりと、女性のことをとことん考えて女性の悩みを解決するプログラムをたくさん提供してくれるホットヨガ教室です。

-ホットヨガ 服装
-, ,

Copyright© ホットヨガスタジオ おすすめ , 2020 All Rights Reserved.